IoTビジネスモデル

  1. IoTビジネスコンパス④ ~6つのマネタイズ方法~

    なぜそれが利益を生み出すのか?~IoTは、企業の利益モデルの選択肢が拡大させる~これまでで、自転車メーカーの新規事業企画担当が、ゼロからIoTを活用したビジネスを企画する際の糸口を見つける為、IoTビジネスコンパスを活用し、「既存市場」に対して、「取引コスト削減」という価値提案をする為の方法...

  2. IoTビジネスコンパス③ ~価値提案の生成 6パターン~ 

    堅牢なビジネスモデルを作るために~IoTにおける価値生成に 特別な技術は 必須でない~これまでで、自転車メーカーの新規事業企画担当が、ゼロからIoTを活用したビジネスを企画する際の糸口を見つける為、IoTビジネスコンパスを活用し、「既存市場」に対して、「取引コスト削減」という価値提案をするビ...

  3. IoTビジネスコンパス② ~IoTを使った価値提案の型を知る~

    どんな価値を提供する事が出来るか?前回より、IoTビジネスをゼロから考える為のツール・手法の一例として、「IoTビジネスコンパス」の活用をご紹介しております。

  4. IoTビジネスコンパス① ~IoTビジネスをどこから手を付けるか~

    2015年は、様々なメディアを通じて、「IoT」という概念・技術を使った製品・サービスの事例が紹介され、技術者だけでなく、技術にはあまり精通していない方々にもそのIoTのイメージ・IoTが実現された世界が認知される年となりました。

  5. IoTキャンバスのアイデアをビジネスモデルキャンバスに落とし込む

    前回まで、IoTキャンバスを使って、自転車メーカーにおいて売り切りモデルから継続収益ビジネスを新規に創出する事を目的として、IoT事業アイデアを考えてきました。まとめるとこんな形です。

  6. IoTキャンバスを使ったアイデア創出⑤

    自転車メーカーにおいて売り切りモデルから継続収益ビジネスを新規に創出する事を目的として、IoTを使った事業アイデアをIoTキャンバスを使って考えるシリーズ。今日は5回目です。 ご参考までに1回目・2回目・3回目・4回目はこちらです。

  7. IoTキャンバスを使ったアイデア創出④

    自転車メーカーにおいて売り切りモデルから継続収益ビジネスを新規に創出する為に、IoTを使った事業アイデア創出する為に、IoTキャンバスを使って考えるシリーズ。今日は4回目です。 ご参考までに1回目・2回目・3回目はこちらです。

  8. IoTキャンバスを使ったアイデア創出③ 

    自転車メーカーにおいて売り切りモデルから継続収益ビジネスを新規に創出する為に、IoTを使った事業アイデア創出する為に、IoTキャンバスを使って考えるシリーズ。今日は3回目です。 ご参考までに1回目・2回目もご覧いただけると幸いです。

  9. IoTキャンバスを使ったIoTアイデア創出②

    前回に引き続き、製造メーカー(自転車メーカー)が自転車売り切りのモデルから、継続的な収益を得られる事業モデルに転換する為に、IoTを使った新規事業創出アイデアを考えていきたいと思います。

  10. IoTキャンバスを使ったIoTアイデア創出

    今日から数回にわたり、IoTキャンバスを使った製造メーカーのIoTビジネス創出方法についての書いていきたいと思います。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ