IoTビジネスモデル

IoTキャンバスを使ったアイデア創出④

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自転車メーカーにおいて売り切りモデルから継続収益ビジネスを新規に創出する為に、IoTを使った事業アイデア創出する為に、IoTキャンバスを使って考えるシリーズ。今日は4回目です。 ご参考までに1回目2回目3回目はこちらです。

前回までは、モノからデータを取得し、インターネット側へ送るIoTの「T」の部分について検討していきました。

今回は、そのデータをインターネット側でどう活用していくかについて検討していきます。

IoTキャンバスで言う所のインサイトにあたります。

インサイト

この部分は、モノから得られたデータからどのような知見やモノに関する状況についての情報が得られるかについて考えていく部分です。今回IoTキャンバスのコンテキストで考えた得られる情報は

・振動センサーによる形状情報(自転車が走る道の形状など)

・身体情報(各センサーが搭載されたウェアラブル機器などで、脈拍 血圧 心拍など)

・環境情報(気温・湿度センサーなどによる、天気情報)

・利用状況(サドルに仕組まれた圧力や静電容量センサーにより、ヒトが乗ったかどうかの利用時間情報)

・位置情報(GPSをつけ、自転車の位置情報を把握する)

これらのデータ・情報をどう活用すればよいでしょうか?

例えば、位置情報からは当然自転車の位置状況が分かり、身体情報からは、疲労度などが分かるかもしれません。環境情報からは、自転車がある場所の天気状況が分かります。さらに様々なデータを蓄積して分析すれば、新たな知見が得られるかもしれません。

得られた情報・データから何かの知見を見出すインサイト部分は、ビックデータ・機械学習・ディープラーニング・人工知能による予測システムなどの分野に関係してくる所で、IoT企画を立て、事業を推進していく際は、その辺りを専門に事業されている方々と連携が必要になってくる可能性が大いにある部分だといえますね。

インサイト完成

では、また次回に続きます。

9月2日 ソシム出版より 「IoTビジネス入門&実践講座」発刊決定!

*********************************************

IoT新規事業創出支援サービス「IoTrial

FBグループ IoTビジネス共創の会  参加者募集中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. IoTビジネスコンパス② ~IoTを使った価値提案の型を知る~
  2. IoTキャンバスのアイデアをビジネスモデルキャンバスに落とし込む…
  3. IoTキャンバスを使ったアイデア創出③ 
  4. IoTビジネスコンパス③ ~価値提案の生成 6パターン~ 
  5. IoTキャンバスを使ったIoTアイデア創出②
  6. IoTキャンバスを使ったIoTアイデア創出
  7. IoTビジネスコンパス① ~IoTビジネスをどこから手を付けるか…
  8. IoTビジネスコンパス④ ~6つのマネタイズ方法~

facebook

  1. IoTとは仕組みである

カテゴリー記事一覧

ピックアップ記事

PAGE TOP
ツールバーへスキップ